株式会社 マッハ 省エネ、エコ商品で社会に貢献する 株式会社 マッハ ホーム 会社概要 サイトマップ 資料請求 お問合せ
防犯カメラセキュリティシステムデジタルOA機器LED・リライト省電力照明地球環境機器

リライトの解説Q&A
  
  リライトについてQ&Aの形で解説します。

リライトとは

リライトの特徴リライトは省エネ・省資源を追及した蛍光灯です。反射率の高い反射板と高出力のインバータの採用によって、従来の「逆富士型」蛍光灯に比べ大幅に照度アップができます。32W1灯で、従来型の40W2灯分の照度が確保でき、消費電力を50%削減することができます。更に、50oの薄型直付器具ですので天井面がすっきりとしたデザインにできます。

高性能反射板とその効果は

反射板比較特殊な表面処理をしたアルミ母材の反射面にチタン・シリコン等をコーティングしたことにより可視光線を殆ど吸収しないため全反射率94%を実現して、従来のアルミ鏡面の70%、白色塗装の60%を大幅に凌駕しています。また、光学的に設計さえた反射面により光を効率よく下方に反射させ優しい光を生み出します。これらのテクノロジーで、蛍光灯の照度が1.5〜2倍にアップする効果を発揮します。

高出力インバータとは

蛍光灯の点火には電極を予熱して高電圧をかけます。その方式として、グロー球を使ったスタータ型、グロー球の代わりにコンデンサーを内蔵したラピッドスタータ型、そして電子回路によるインバータ型があります。インバータ型は高周波で作動するためちらつきも少なくワット数あたりの明るさも高いのが特徴です。リライトで使用しているFHインバータは高出力化して一般に使われているFL管約1.65倍の明るさを発揮します。

器具設計の特徴は

リライト取り付け寸法リライトは厚さ50mmの薄型直付器具設計として、空間配置を引き締める機能美に配慮されています。また、従来の「逆富士型」器具よりやや大きめのサイズに設計され、従来器具との取替えの際に、天井工事を行うことなく器具跡をカバーしてリニューアルできます。 

リライトはなぜエコ照明か

リライトは照度アップを反射板とインバータで達成して、従来の逆富士型に比して消費電力を50%に抑えることができます。また、ワイドサイズの器具により取替えも天井面の工事が不要で、工事費・材料費節減ができます。これらによって、CO2削減及び省資源による地球環境保全を目指すエコ照明です。 



     会社連絡先

     株式会社 マッハ
  〒331-0061
   さいたま市西区西遊馬
              1338-12
   TEL 048-622-4017 (代)
    FAX 048-622-1209

資料請求フォーム
Copyright(C)2009株式会社マッハ All Rights Reserved